2011年03月19日

肩こりマッサージをしてはいけない場合

病気が原因によって、
肩こりが起こっている場合は、
病気の治療を優先するようにしましょう。

【PR】東京のセラピスト求人情報

肩を痛めたことによって発症する肩こりの場合は、
患部が赤くなったり、
熱をもってたりします。

【PR】マッサージを東京に出張しよう

そうした場合には、マッサージは避けて、
炎症がとれた後に行なうようにしましょう。

<マッサージをしてはいけない症状>
・マッサージする部位が、
 腫れていたり、熱をもっている。
・骨折や打撲などの怪我や
 火傷などの異常がある。
・触ると強く痛む、
 または、触らなくても痛む。
・静脈瘤、動脈瘤がある。

これらの場合は、
肩こりマッサージを行わないようにしましょう。
まずは、病院で診察を受けるべきです。
posted by カオリ at 15:42| 肩こり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。